· R E V I E W S ·

Read some of the reviews on BENTO by others here.

Byens mest autentiske sted, Bento, er ikke en helt ny opfindelse. Det japanske familieforetagende lå i et par år på Halmtorvet som en af byens allermindste restauranter, med fire siddepladser i baglokalet og superfrisk sushi uden dikkedarer direkte fra skærebrædtet på disken.Den nye Bento åbnede på Helgolandsgade i juni, og med de større lokaler er der også blevet plads til udvidelser på kortet og i personalestaben. Nye varme retter som grillet ål og dampede dumplings er kommet til på kortet, og den japanske bartender Ito har sørget for, at stedet nu også er en japansk cocktailbar. Bento har dog bibeholdt den helt igennem originale følelse af et japansk familieejet spisehus, og for københavnere er turen til Helgolandsgade et lille skridt ud af startbanen mod det kulinariske og kulturelle Japan.

Juryen siger: »Mega autentisk med en japansk bedstemor med tonede briller og bobbet hår, der ikke forstår et ord dansk, og går rundt og serverer grøn te«.

Af iBYEN redaktionen


I found this amazing authentic Japanese restaurant. Bento is owned by a Japanese family and the staff are all family members. A good friend of mine told me about it when discussing where to go to get authentic Japanese food in Copenhagen.

During the last 2 decades, Japanese food has become fashionable. So right now it is hip to eat Japanese food – and by Japanese food most people mean sushi. This ravenous hunger for sushi has resulted in more and more sushi take-away’s and restaurants, scattered around Copenhagen. Even though more and more Japanese food places become available in Copenhagen, only a few of them are authentic – many have Chinese or European owners. As it has turned into this hip thing, the prize for eating Japanese is now well above what most students can afford. So why not find the best place to eat sushi, using a poor student’s hard earned money?

From the outside the restaurant does not look all that appealing, maybe because it is located in a basement. But as soon as you enter the restaurant, you get a feeling of coming home. The decoration of the place is simple, yet extremely cozy.

A native Japanese waiter showed us to our seats and handed out hot towels, which is typical for dinning in Asian countries. The towels are meant to wash the dirt off your hands and face. The menu was overwhelming – not only do they have a broad selection of sushi, they also have plenty of vegetarian and Japanese dishes. There is definitely more than sushi to the Japanese cuisine. We decided to order a sushimenu for 3 persons (a A3), and Japanese beer for the meal. While we waited for the meal, they served tea and edamame beans as an appetizer. If you are interested in the sushi-making process you can see the Japanese chef making sushi in the open part of the kitchen. The 35 pieces of sushi is plated significantly on a typical Japanese plate. The menu we ordered included nigiri’s, salmon, tuna, sweet shrimp and tiger shrimp sushi’s. The taste was simply delicious! Oishii desu!

We enjoyed a lovely meal with extremely fresh sushi, the traditional Japanese miso soup (best miso soup I have ever had), tea, edamame beans and Japanese pop music in the background. The experience was definitely better than expected. The prize for 2 persons including something to drink was DKK 450,-

The verdict on this restaurant – it is sooo worth trying – even though it’s a little expensive – but that’s how sushi is in Copenhagen.

by The international newspaper


コペンハーゲンの日本料理店「Bento(ベントウ)」

素晴らしいとは言い難いデンマーク料理でしたが、コペンハーゲンで美味しい、そして興味深い日本料理店に出会ったので紹介したいと思います。

Bento(ベントウ)
★★★★
Helgolandsgade 16
コペンハーゲン中央駅徒歩2分

1人で行ったところ、4席あるカウンターに案内されました。寿司カウンターです。せっかく目の前で大将が握ってくれるので、寿司を注文することにしました。

握りのセットを注文。実は北欧なのだから北海の新鮮な魚介類を味わえるに違いないと信じ込ん でたのんだのですが、大将と話してみたところ、サーモン、エビをのぞいて全ての食材はフランクフルトから空輸しているとのこと。というのもデンマークで は、生の魚介類を店で出す場合、最低24時間冷凍処理しなければならないそう。ところが寿司ネタとして味を損なうことがないほど急速に冷凍処理を施す冷凍 庫がなかなかデンマークでは見付けられないので、エビ、サーモンといったそれほど急速冷凍が必須でないネタを除いては地元産を使うことができず、空輸に頼 らざるを得ないとのことだったのです。

まあそんな裏事情はさておき、とても美味しいお寿司をいただくこ とができました。やっぱり地元ネタのサーモンが脂が乗って抜群でしたが、他もまあ海外で食べる寿司としては十分及第点に達していたように思います。特に、 シャリが良かった。酢加減そこそこに少し甘味が強いのが僕好みでした。

ということで、握りだけでは飽き足らず、追加注文をすることにしました。まずは美味しかった サーモンの炙りバージョン。ただでさえ脂が乗っているサーモンが、炙られることによってとろける程になりました。旨い!ただ、あえて提言するとしたら、少 なくとも日本人向けにはマヨネーズ、照り焼きタレ、高菜のトッピングは不要かなと。十分にネタとシャリで美味しいので、小細工はいりません。

そしてこちらが、大将に是非にと勧められたエビフライ巻。意外や意外、これが結構美味しかっ たのです。いかにも創作寿司といった趣きなのですが、エビフライ、きゅうり、ネギが巻かれ、ゴマがトッピング、そしてなんとウナギ蒲焼のタレとマヨネーズ で味付けされていました。濃い目のタレがエビフライと甘めのシャリによくマッチ。日本ではまず見かけなさそうな組み合わせだなあと思いながら、舌鼓を打っ たのでした。

ということで大満足をした「Bento」だったのですが、この店の大将と結構話し込みまし た。両親がコペンハーゲンで出会いそして大将はコペンハーゲンで生まれたこと、従って成人するまではまともに日本に住んだことがなかったこと、でも向学の ために日本に20歳過ぎで渡ったものの生活習慣や文化の壁で挫折しそうになったこと、自分の意見を率直に言うことがデンマークでは普通なのに日本では非常 識であるように取り扱われて沈んでしまったこと、それでも料理の先生の家に住み込んで何とか一人前になろうと頑張ったこと、今はフィンランド人のお嫁さん (美人らしい!)をもらい子供も1人生まれて店を頑張って切り盛りしていること、などなど、大将の身の上話をたくさん聞かせてもらったのでした。まるでド ラマのような話ですが、日本人の両親の元に生まれたもののまるで日本人らしく育てられなかった、というよりも育てられる環境にいなかった、そういう人が今 異国で日本料理店を営んでいることが興味深く思われました。

by NOTES OF A JOURNEY